アルバイトとパートの違い

パートに支えられている業界はたくさんあります 雇用形態の中にあるアルバイトそしてパートというのは、似ていますが実は色々なことが違うというのがわかります。イメージ的なことからいえばアルバイトは若い人がする仕事で、パートというと主婦や中高年の女性がする仕事とイメージすることが多いかもしれません。しかし今は高齢者でもアルバイトをしている時代でもあり、20代の人が軽作業や事務のパートをしているということもあります。

アルバイトとパートの違いには労働時間であったり契約の期間であり、アルバイトには短時間や短期間での仕事がありますがパートには短期というのはあまりありません。特に労働時間でいえばアルバイトの場合2時間からでも良いという仕事がありますが、パートの場合にはほぼフルタイムで働くということが一般的に多いようです。またアルバイトには短期バイトで一日や数ヶ月というのがありますが、パートの場合には短期パートという仕事はあまりないといえます。

そして時給や待遇面に関してもアルバイトとパートは違いがあり、比較的時給も高く待遇面もしっかりしているのがパートの雇用形態になっています。労働時間もフルタイムで働く事が多いパートは、アルバイトよりも責任も重いと考えていいようです。